手取川(てどりがわ)は、石川県の主に白山市を流れて日本海へ注いでいる一級河川。石川の通称で呼ばれた時代もあり、郡名(石川郡)および県名の由来となっている。

手取峡谷、綿ヶ滝がありますが、積雪のため近づくことができず不老橋から手取川をみました。

微かに見える

不老橋 不老橋から上流側の河床を望むと、穴に入った石が水の流れで回転することによってできた、急流河川ならではの大きな穴(甌穴(おうけつ))を見ることができることから、多くの観光客が訪れています。