玉泉院丸庭園 鼠多門橋から鼠多門をはいるとすぐにある池のある日本庭園です。ここは二の丸広場へあがる坂の途中から撮りました。うしろにビルがみえて幻想的です。奥に見える木々の下が尾山神社です。

黒門口から入ると新丸広場をへて河北門から入れます。

平成13年(2001年)に復元された菱櫓は、当時は大手と搦手(からめて)を見張る物見櫓(ものみやぐら)として重要な役割を果たしました。その名の通り、建物の平面が菱形(内角が80度と100度)になっており、死角を少なくし視野を大きくする効果があります。建物に使用されている100本の柱にも菱形が用いられており、建設には非常に高度な技術を要したと考えられます。

河北門

河北門で振り返ると菱櫓

河北門をはいり、左手に展望通路があります。ここにあがる菱櫓を近くで見ることができます。

展望通路をすすむと新丸広場全体をみることができます。